株式会社BRAVE

STAFF INTRODUCTION

社員紹介
  • staff1001
    右も左もわからない若者が、 たった2年で基幹エリアの支店長になるまで。

    三浦 郁弥

    事業本部 MD東京支店 支店長 2018年新卒入社
  • miura_n

    退屈な人生を送りたくなかった。20代で活躍できる業界を狙い撃ち。

    就職活動は人材業界1本に絞りました。学生時代に東京ドームの売り子さんをまとめるバイトをしていたので、人を取りまとめることには馴染みがありました。私自身、学生にも関わらず多い日には1日60人の面接を担当したこともあります。そういった経験もあり、キャリアや年齢に関係なく、頑張りや成果を評価してもらえる環境で働きたかったので、若いうちから活躍できる会社をメインに、10社ほど面接を受けました。その中でもブレイブは、20代の支店長やブロック長が多く活躍されていて、少しでも早く出世を目指したい私のイメージにピッタリでした。面接では社長面接もあり、経営者がこんなに近くで話をしてくれるという環境にも感動した記憶があります。実際入社してみると、どの支店も、想像以上に若手の方が活躍されていてワクワクしましたね。その中でも人一倍の活躍をして、すぐに追いついて、追い越そう、と心に決めて社会人生活をスタートさせました。

  • 新人王は序章。チャンスは、あまりにも早くやって来た。

    営業や人材業界の経験がなかった私は、まずは先輩や上司に教えてもらったことを徹底的にやろうと決意しました。結果的に、それが新人王に繋がりました。入社スグの5月から8月の開始数で競う新人王は、入社後に初めて目指す個人賞です。絶対に新人王になりたい。そのためには、行動あるのみです。「電話営業の声が緊張して小さくなっているよ」とアドバイスを頂けば、緊張しなくなるまで数をこなす。一つ一つを徹底したことにより、無事に5月~8月で25件の開始数実績を作り、新人王を獲得することができました。それをきっかけに、上層部の方々にも名前を知っていただくことができ、入社半年後には、朝礼や終礼を任せてもらえるまでに。そして、3年目には支店長に昇格。この早さには、正直自分でもびっくりしましたね。そのため、今の支店でも半分以上が年上の方ですが、年齢に関係なくチャンスを与えられる環境はまさに、私の思い描いていた理想通りでした。

  • miura_graph

    個人からチームへ。支店長としての意識の変化。

    支店長になるにあたり、まず初めに取り組んだことは、支店のメンバーが担当しているクライアントをしっかり覚えるということです。支店メンバー一人一人がどのクライアントを担当しているのかをしっかり把握する事により、チームとしての割り振りや、今後の営業方針が見えてくるからです。最善の場所に最善の人材を配置することで、全員がモチベーションを高く保ち続けられ、業績も上がり、支店全体の雰囲気も良くなっていきましたね。個人賞を取ることも嬉しかったですが、今はチームで目標を達成する喜びの方が大きいと感じています。また、支店長になって数字の追い方も大きく変わりました。1年目は「何人が仕事を開始したか」ばかり見ていたましたが、今は「支店の売上がいくらか」という売上高の話をすることが多いです。より大きな視点で物事をとらえることを意識するようになったと思います。こんな偉そうな事を言っていますが、他支店の支店長や事業本部長には、今でもよく相談にのっていただき、助けてもらってばかりです。私も、諸先輩方のような頼れる上司になれるよう、日々頑張っていきたいですね。


  • DAILY SCHEDULE

    9:00 出社・朝礼。
    9:30 目標値や、支店メンバーの担当スタッフの確認。過去に登録のあったスタッフへ連絡。
    10:00 登録スタッフやクライアントへ連絡。現在の状況や今後の希望をヒアリング。
    11:00 1時間おきに支店内で進捗確認。
    12:00 交代でお昼休み。
    14:00 昼礼。午前の進捗確認や午後の動きを確認。引き続き、登録スタッフやクライアントへ連絡。
    18:00 支店メンバーのフォローや、事務作業。終礼。
    19:00 退社。

    PRIVATE

    休みの日はゴルフかゲームをしていることが多いですね。あとはお酒も飲みますが、家飲みの方が好きです。 今のお気に入りはマイゴルフセット!ベストスコアが102なんですけど、何とか100切りできるよう手入れも頑張ってます!

BRAVE RECRUITING SITE / BRAVE MINDE