TOP MESSAGE トップメッセージ

高い目標にチャレンジできる仲間と共に成長していきたい。代表取締役 島田忠信

医療・介護・保育に特化して急成長を実現

ブレイブは2011年設立の若い会社ですが、競争の激しい人材業界で、後発の企業でありながら前年比200%という高い伸び率で成長してきました。
この成長の源になったのは、人材ビジネスの経験が豊富で優秀なメンバーが集まってくれたことにあります。私自身、人材業界で一から鍛えられ、その間に知り合い認め合った仲間たちが集まりました。また、新たな成長分野である医療・介護・保育にいち早く着目し特化したことも、成功の要因になりました。
同じ人材サービス事業でも、分野によって必要なノウハウは異なります。企業理念の「全ては人から始まる」を合い言葉に、医療・介護・保育分野における最適なマッチングシステムを構築したことは、ブレイブならではの強い競争力になっており、今後の成長も後押ししてくれるはずです。

ブレイブを100年続く企業にしたい

私は、ブレイブを100年続く企業にしたいと考えています。そのためには足元をしっかり固めると同時に、先を見て新たな事業を生み出し続けることが重要だと思っています。
既存事業である医療・介護・保育の人材サービス事業では、2020年までに全国47都道府県への出店を目指します。これまでの実績を活かして事業基盤を素早く広げ、競争力をより強固にしていく考えです。
新規事業については、ベビーシッター派遣や薬剤師派遣、家事代行サービス、グローバル人材サービス、またアカデミー事業など様々な計画が進んでいます。ベビーシッターや家事代行は、当社にスタッフ登録されている保育士や介護士の方々の就業機会を広げたいとの想いから生まれました。資格がありながら、フルタイムで働くのが難しいため派遣先が決まらない方は少なくありません。一方、共働き家庭などでベビーシッターや家事代行の需要は高く、両者のニーズをマッチングさせる新規事業です。アカデミー事業は、介護士の資格取得と就業を支援するもので、介護業界の人手不足改善にも寄与できると考えています。当社には貴重な経営資源が数多くあり、その活用を考えることで様々な事業を生み出すことが可能です。

必要なのは、チャレンジ精神

積極的に領域を広げ成長を続けるブレイブにとって、人材に求めるのは「チャレンジ精神」、社内で言うところの「BRAVE MIND」です。私たちも、責任あるポジションをどんどん増やし、若いうちからチャレンジする機会を与えたいと考えています。一度きりの人生。自分で限界を設けず、勇気を持って高い目標にチャレンジしていきましょう。ブレイブは、勇敢な仲間(社員)と共に成長する企業を目指しています。